写真提供:茂木健一

山沿いの道を気持ちよくドライブしていると、突然現れる、吊るされた巨大な草鞋(わらじ)

20150505waraji02

写真提供:茂木健一

峰上地区の各所にある巨人伝説を今日まで伝えている「関尻の巨大わらじ」です。

 

「富津再発見!」によると

大人の背丈くらいの大きさで、酒樽や炭、杉の小枝が添えられ、「厄病は済み(炭)ました、厄病は過ぎ(杉)ました。この村にはこんなに大きなわらじをはく大男がいる。これを見た疫病神は引き返すだろうからお酒でもてなし、新しいわらじで帰っていただこう」というユーモラスな言い伝えのもと、集落の境の3カ所に吊るして一年の無病息災を祈ります。

という。

 

制作〜取り付け風景(2015年2月)

20150202waraji01

20150202waraji02

20150202waraji03

20150202waraji04

写真提供:富津再発見!

 

取り付け風景(2014年3月)

20140317waraji01

写真提供:富津再発見!

 

20150505waraji03

写真提供:茂木健一

ちなみに近くには、巨人の姥が頭に載せてきたと言い伝えられている「姥石(うばいし)」が。姥石の上に載っている小さな石は、姥がたもとに入れて来たと。

 

minegami

峰上地区の巨人伝説はなかなか興味深い…。

 

巨人の里 いなかみち楽走姥石[富津市]

About The Author

茂木 健一

富津に住んで○十年。いいところをあまり知らずして育った少年が、時を超えてその魅力に気づき、それを追い求める。なんつって。