富津市は「子育て」に力を入れていることが顕著に見える市でもあります。

例えば、現市長が表明している「子育て日本一」を実現する様々な備えが、市役所内にも設置されています。

庁舎2階の子育て支援課の横には「子どもの遊びスペース(トップ画像)」があり、平日でもお母さんと子どもさんが一緒にくつろいでいる姿が印象的です。

 

育児に役立つ行政制度やサービスをご紹介するサイトも公開されており、分かりにくい・探しにくい子育て関連制度について、情報を見つけやすくなっています。

育児を応援する行政サービスガイドイクトモ


子育てで感じている不安、誰かと話したいこと、情報交換したい方が気軽に集まって交流できる場所として、親子つどいの場「なかよし」が設けられています。

ふっつ 子育てなかよし日記(ブログ)


また、全国的にも世界的にも話題となっている「いじめ」問題に対しても、2018年3月18日に「富津市いじめ防止基本方針(PDF)」を発表、市のホームページに掲載されています。

「そんなのいじめのうちには入らない」「昔はその程度では暴力とは言われなかった」という古い体質の表現は、市としても学校としても通用しないというのが、富津市が掲げる「子育て日本一」を目指す未来の姿です。


 

少子化や過疎化が進む昨今、地方行政としては若い世代の教育や小さなお子様を持つ親たちを支える仕組みがあるというのは、とても助かりますよね。

 

子育ての各種相談 – 市役所ホームページ]

 

About The Author

naocs

ウェブサイト「ふっつかよい」の管理人